Go to Top

遺言書とは

遺言は、自分の財産を誰に、どのように相続させたいかを書き記したものです。以前は、「自分の財産を分ける」ために作成されるというイメージがありましたが、現在では、「相続人や家族に余計な面倒をかけないため」に、また「ご自分の想いを伝える」ために作成される方が増えています。確かに、遺言は法律上、作成する義務があるわけではありません。

しかし、遺言書がないケースでは法定相続人による遺産分割協議が必要になりますし、その協議をまとめるのも大変な作業になりますし、相続人が多数いる場合は無用な争いの火種になりかねません。

第三者である専門家が関与することで手続きをスムーズかつ確実に進めることが可能になります。豊富な経験と実績を持った専門の行政書士が、遺言書の作成から、実際の相続手続きをサポートいたしますので、この機会に是非、ご相談下さい。

遺言書についてのページ


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 遺言書とは
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
遺言書とは遺言 相続 成年後見 よろず相談所