Go to Top

3種類の遺言の特徴

長所 短所
自筆証書遺言
  1. 簡単で経費がかからない
  2. 遺言書の内容を他人に知られない
  1. 全文自筆なので、パソコンや代筆で作成できない
  2. 紛失や盗難、偽造変造の危険性がある
  3. 内容が法的に不備になってしまう危険性がある
  4. 家庭裁判所での検認手続きが必要秘密証書遺言
秘密証書遺言
  1. 遺言書の内容を他人に知られない
  2. 代筆やパソコンで作成できる
  3. 偽造変造の危険性はない
  1. 内容が法的に不備になってしまう危険性がある
  2. 費用がある程度かかる
  3. 家庭裁判所での検認手続きが必要
公正証書遺言
  1. 内容が法的に不備になることはない
  2. 紛失や盗難、偽造変造の危険性なし
  3. 家庭裁判所での検認手続き不要
  1. ある程度費用がかかる
  2. 他人(公証人と証人)に遺言書の内容を知られてしまう

当事務所では、「公正証書遺言」をお勧めしております。
多少費用がかかりますが、一番安全で確実な遺言書だからです。
自筆証書遺言だと上記にもありますが以下のような可能性があるのです。

  1. 誰かが勝手に遺言書の内容を書き直してしまう
  2. 保管場所に注意しないと、せっかく遺言書を作成しても発見されない
  3. 認知症などで判断能力が欠ける状態になってしまった場合、遺言書の効力について争いになる
  4. 家庭裁判所での「検認」手続きが必要になり、相続人が手間と暇がかかる
  5. 法的に正しい書式や表現、内容になっていないと遺言書が無効になってしまう
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 3種類の遺言の特徴
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
3種類の遺言の特徴遺言 相続 成年後見 よろず相談所