Go to Top

よくある事例③

Cさん(86歳)は昨年夫が亡くなったとき、これからは長男に面倒をみてもらう約束で、
夫名義であった家の相続分をすべて放棄し、長男に相続させました。
しかし、長男夫婦と折り合いが悪くなり、喧嘩が絶えなくなりました。
結果、Cさんは同居していた住まいを出ることになってしまいました。

回答

世の中、親子でも関係が悪化してしまうケースは珍しく亡くなりました。
このケースではCさんは安易に「相続放棄」をするべきではありませんでした。

亡くなったCさんの夫がCさんの老後の世話をすることを条件に、財産を他の相続人より
多く相続させるという内容の遺言を用意しておけば、このような残念な結果を回避できました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - よくある事例③
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
よくある事例③遺言 相続 成年後見 よろず相談所