Go to Top

預貯金の名義変更

預貯金の名義人が亡くなると、その口座は凍結されますので、
相続人名義への変更か解約手続きを、金融機関の窓口で行う必要があります。

これは何度も金融機関の窓口に足を運ばなければならないほか、戸籍謄本も被相続人の出生から
亡くなった時までの連続した戸籍謄本が必要で、この収集も大変な作業となります。
是非、労力とお時間の節約のためにも当事務所のサービスをご利用ください。

主な必要書類

  1. 相続手続依頼書
  2. 相続人全員の印鑑証明書(原本 原則3ヶ月以内)
  3. 戸籍・除籍謄本(原本 原則3ヶ月以内)
  4. 被相続人の預金通帳、証書
  5. 相続人代表者の連絡票

また、該当があれば、以下の三点が加えて必要となります。

  1. 遺産分割協議書(原本提示)
  2. 遺言書(原本提示)
  3. 遺言執行者の印鑑証明書(原本 原則3ヶ月以内)
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 預貯金の名義変更
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
預貯金の名義変更遺言 相続 成年後見 よろず相談所