Go to Top

公正証書遺言の作成方法

公正証書遺言の作成の主な流れです。行政書士が事前に打ち合わせをしていますので、ご本人は、当日公証人が遺言の内容を読み上げながら確認します。そして、証書に記名押印をするという流れになります。

  1. 証人2人以上の立会いのもと公証人役場へ出向くこと(別途依頼により、公証人の出張もあります)。
  2. 遺言者が遺言の内容を公証人に口述すること。
  3. 公証人がその口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、または閲覧させること。
  4. 遺言者および証人が筆記の正確なことを承認したうえで、各自が署名・捺印すること。
  5. 公証人がその証書を法律に定める手続きに従って作成されたものである旨を付記して、これに署名捺印すること。
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 公正証書遺言の作成方法
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
公正証書遺言の作成方法遺言 相続 成年後見 よろず相談所